みのり保育園、浦安市立ふたば保育園の運営

文字サイズ

社会福祉法人芳雄会は、千葉県浦安市でみのり保育園、ふたば保育園を運営しています。

読み聞かせのすすめ

絵本は想像力を育てます

 

絵本の絵はものがたりをふくらませ、わかりやすく伝えます。絵とものがたりから、未知の世界を体験できるのが絵本です。子ども達が実際に経験できることは限られていますが、想像の中では、アフリカにもヨーロッパにも、100年後の世界にも旅立つことができるのです。主人公に自分を重ね合わせて楽しめる子ども時代だからこそ育てたい人間力です。

                                     

 

 

絵本は子どもと読み手の心をつなぎます 

 

お母さんたちに『ぐりとぐら』を読んでいた時、泣き出したお母さんがいました。4歳の時に読んでくれた自分のお母さんの声、家の風景、においなども思いだしたというのです。その方はおっしゃいました、「あのときわたしは幸せでした。だからわたしもわが子にこの本を読んであげようと思います」と。読み聞かせは読み手の愛情を伝え、子どもの心に生き続け、人生を支える一生の宝物になるのです。